ボナCV

ボナCV

健康志向の人へ為になる代謝や内分泌などの病気や対策について一緒に考えていきましょう

脚の関節など熱い感覚が過ぎる

通風とは、尿酸が何らかの原因で血中に増えすぎた状態になってしまうことです。

尿酸は、細胞の新陳代謝により発生します。

結晶化した尿さんが、関節の「骨膜」に沈着をすることで、激しい痛みを感じる場合が大半かと思います。

では、何故このような病気が引き起こされてしまうのでしょうか。

原因は様々ありますが、先天的にプリン体の代謝異常によつて、尿酸が過剰生産されてしまうということや、排泄が上手く行えないという事も原因となりえます。

更には、遺伝的な体質である可能性も。

そして、飲酒や利尿剤や降圧剤を服用することでの副作用として、肥満やストレスなどによっても通風にかかる可能性があるのです。

通風の症状ですが、脚の関節などを中心に熱い感覚を覚えます。

そして赤くはれ上がったような状態になり、激痛がおこります。

約1週間前後で収まることもありますが、尿酸が高い状態が続いてしまうことにより再発してしまう可能性が高いのです。

更には、腎不全などの合併症が起こる可能性もあります。

糖尿病などにかかってしまうことで通風を起こす場合も考えられますので、日常生活に留意して糖尿病を防ぐということを考えておくのも、通風における予防医学的見地からは有効的と言えるでしょう。

通風の治療については、薬剤の使用が中心となります。

非ステロイド性公園商材などが使用されることが多いかと思います。

尿酸値が高い場合には、尿酸合成阻害薬や、尿酸を排泄促進する薬などが用いられるでしょう。

また、同時に食事指導なども行われることが多いのです。

プリン身体を多く含む食品などを控える事などを中心として指導が行われます。

プリン体を多く含む食品は、ビールや赤ワイン・レバーやほうれん草などがあります。

そうした小冊子などを配られるかと思いますので、日常生活における食事と言うものにも気を払っていく必要が出てくるのです。

こうした治療によってね通風の再発や予防という事を行うことが可能でしょう。

先にも触れましたが、糖尿病などから通風を発症した場合は、糖尿病の治療などが中心に行われます。

痛風発作の前兆だと思う方はコチラ
沖縄ソープランド風俗