ボナCV

ボナCV

健康志向の人へ為になる代謝や内分泌などの病気や対策について一緒に考えていきましょう

体内脂肪が過剰にたまる

肥満症という病名は、今ではよく耳にされることも多いでしょう。

肥満症もまた、代謝や内分泌の病気の1種なのです。

これは、体内に脂肪が過剰にたまっている状態を言います。

このような状態になることで、様々な合併症を引き起こしていることを言うのです。

特に、内臓脂肪型の肥満は「メタボリックシンドローム」になりやすいと言われているのは幅広く知られていることでしょう。

肥満症の原因ですが、肥満の種類によって異なってきます。

「症候性肥満」と呼ばれるものですと、ホルモン異常や脳にある視床下部の障害などが原因となることが多いのです。

インスリン生産腫瘍・フレーリッヒ症候群などというものがあります。

「単純性肥満」の場合ですと、食べすぎですとか運動不足から体内に取り込んだエネルギーと消費するエネルギーのバランスが壊れてしまうため、余ったエネルギーが体内に溜まり肥満症となってしまうのです。

こちらに関しては、日常生活において気をつけることが可能でしょう。

肥満症には、合併症とというものがつきものだと言われています。

いくつか、可能性の有る合併症について触れていきましょう。

通風や胆石、脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群など。

女性の場合ですと、月経異常や乳がん・子宮体がんなどを引き起こしやすくなるといわれているのです。

治療に関しては、指導が中心となります。

1日のうちに取り込むエネルギー量よりも、詳記するエネルギー量を多くすることが大切と鳴るのです。

ですから、食事療法などを用いて栄養バランスを考えながら肥満の状態に合わせた量を減らしていきます。

また、こうした食事療法と合わせて運動療法を行う場合も。

こうした2つのアプローチによってより効果的にちり用を行われていくことが出来るのです。

更に、肥満がかなり高度な場合に関しては食欲中枢を押さえる為に抗肥満薬と呼ばれるものを投与する場合もあるでしょう。

日常生活を気をつけることで、肥満症を避けることも可能ですので、健康を維持するためにも注意したいですね。

>>肥満症の食事 | 食事療法のすすめ方のサイトへ進む

>>精力剤通販・販売などの比較ランキングサイト|ガチンコパワー