ボナCV

ボナCV

健康志向の人へ為になる代謝や内分泌などの病気や対策について一緒に考えていきましょう

血糖値が低下してしまう

低血糖症とは、何らかの原因で血糖値が低下してしまうことです。

血糖値が低下すると、神経症状が現れます。

低血糖であると言われる基準ですが、70mg/mmリットル以下になるとその症状が現れるといわれているのです。

その原因についてですが、いくつかのものが考えられます。

先ずはインスリンや経口決闘降下薬などを服用しすぎていること・運動をしすぎていること・アルコールの過剰摂取など。

更には、長時間食事をしないですとか、副腎皮質ホルモン剤の急な中止になるものといった外的な要因の場合があります。

また、インスリン自己免疫症候群、腫瘍伴性症候群など様々な原因が考えられます。

では症状というものはあるのでしょうか。

血糖値が下がることで、空腹感や動悸・発汗や震え・脱力感などといった症状が現れます。

これは、交感神経の刺激によるものです。

緩やかに下がる場合ですと、また症状が違ってきます。

異常行動が見られることもありますし、頭痛や視力障害・痙攣などという事も。

これら脳症状が現れ更に血糖値がさがってしまうと昏睡となってしまうという生命の危機にさらされることもありますので軽視してはいけないのです。

治療法と言うものももちろんそんざいしています。

処置として先ずは砂糖類などを経口摂取すること。

嘔吐などを起こしている場合ですと輸液が行われる場合が大半です。

意識症状などが起こっているという時には、静脈注射などでブドウ糖を投与することとなるでしょう。

こうしたものばかりではなく、原因となっている病気があるようでしたらそちらの治療を行うことで低血糖症もよくなる場合が多いのです。

運動をしていると気も休憩をしっかりとること・アルコールは適度に服用すること・食事抜きのダイエットを長期間続けないことなどで低血糖症を防ぐことは可能です。

日常生活においてこうして予防が出来るものに関しては、日頃から気をつけて習慣化したい部分でもあるかと思います。

横浜 ホテルヘルス
低血糖症度をチェックしてみよう!